遠赤外線パネルヒーター「夢暖望」「暖話室」メーカー直販サイト

0120-97-8511 受付時間9:00~17:00(平日)

電気代が安い理由electric

比較表

機種 消費電力 電気代
1時間 1日
(8時間使用)
1ヶ月
(1日8時間使用)
暖話室1000型H
(広さ目安:6~9畳)
250/500/750/1,000W
(4段切替)
7円~27円 56円~216円 1,680円~6,480円
夢暖望880型H
(広さ目安:6~8畳)
600/880W(2段切替) 16円~24円 128円~192円 3,840円~5,760円
夢暖望660型H
(広さ目安:4.5~7畳)
400/660W(2段切替) 11円~18円 88円~144円 2,640円~4,320円
夢暖望400型H
(広さ目安:1~4畳)
200/400W(2段切替) 5円~11円 40円~88円 1,200円~2,640円

※全て消費税込の金額です。

暖房の電気代は、どれだけ電力を消費したかによって決まります。「夢暖望」「暖話室」はエアコンや、オイルヒーターなど他の電気暖房に比べ、少ない電力で暖めるので電気代が安くなります。
以下の表で、「夢暖望」「暖話室」の消費電力と電気代をご確認ください。さらに、各暖房メーカーのホームページやカタログに記載されている、消費電力や、電気代と比較してみて下さい。「夢暖望」「暖話室」は、他の電気暖房に比べて電気代が安いことがおわかりいただけると思います。

なぜ、他の電気暖房より少ない電力で暖まるのか?

「夢暖望」「暖話室」の購入を検討されている方の場合、他の電気暖房の中でも、特にエアコン、オイルヒーターと比較される方が多いようです。「夢暖望」「暖話室」がエアコン、オイルヒーターより少ない電力で暖まるのには、それぞれ別の理由があります。順にご説明します。

エアコンより少ない電力で暖まる理由

他の電気暖房より暖まる理由

エアコンより少ない電力で暖まる理由は、暖め方にあります。エアコンは温風を放出して空気を暖めます。つまり、直接人の体を暖めるのではなく、エアコンによって暖められた空気が間接的に人の体を暖めています。暖かいと感じるためには部屋中の空気を全て暖める必要があるため、リビングなど広めの部屋ではかなりの電力を消費します。さらに、エアコンを止めると空気はすぐに冷えてしまうので、高い設定温度のまま使い続ける必要があります。また、暖まった空気は膨張して軽くなり、上部(天井側)へ移動します。そうすると、床と天井に10℃くらいの温度差が生まれ足元が寒く感じます。足元の寒さを和らげるためには、設定温度を上げることになり消費電力も増えてしまいます。
対して、「夢暖望」「暖話室」は、エアコンのように空気を暖めるのではなく、遠赤外線の光線が、直接人の体を暖めます。熱が直接人体に吸収され、お風呂に入ったような状態になり、室温以上に暖かく感じることができます。また、遠赤外線の光線は、壁面や家具に吸収されます。そうすると、壁面や家具から「輻射熱」と呼ばれる熱が放出され部屋全体が暖まります。一度部屋が暖まってしまえば壁面や家具が発する「輻射熱」で暖房効果を得ることができるため、少ないワット数に切り替えて消費電力を少なくすることが可能です。

オイルヒーターより少ない電力で暖まる理由

エアコンと「夢暖望」「暖話室」では、暖め方に違いがあることをご説明しました。
それでは、オイルヒーターの暖め方はどうかというと「夢暖望」「暖話室」と同じように直接人体を暖めます。
ただし、オイルヒーターは「オイル」という液体を暖めるのに時間が掛かり、電力消費量も多くなります。そのため、電気代が高くなりやすいのです。また、オイルヒーターは、最大で1,000~1,500ワットの電力を使用します。一般的な家庭のコンセントは1,500ワットを上限としていますから、オイルヒーターは電力をコンセントの制限いっぱいまで利用することになります。その場合、他の家電製品を同じコンセントに差して使うことはできません。
対して「夢暖望」「暖話室」は、電気をパネルに流すと、そのパネルがすぐに暖まり遠赤外線を放射します。オイルを暖めるといった余計なプロセスがないため、短時間で効率的に電気を熱に変換することができます。暖房効率が良い分、電気を少ししか使わなくてもよいので「夢暖望」「暖話室」はオイルヒーターに比べて、電気代が安く済みます。また「夢暖望」と「暖話室」は1,000ワット以下の電力しか使用しませんので、ワット数の上限を超えない限り、他の家電製品を同じコンセントでご使用いただいても問題ありません。

暖め方の違いについて

オイルヒーターの暖め方

オイルヒーターの暖め方

夢暖望・暖話室の場合

夢暖望・暖話室の場合
電気代を下げる使い方lower the electric bill

「夢暖望」と「暖話室」は他の電気暖房に比べて電気代の安い暖房です。さらに、できるだけ少ないワット数で暖まる使い方をすれば、その分消費電力が減り、電気代も安くなります。
また、最近は、キッチン、ダイニング、リビングがひと続きになった部屋や、吹き抜けのリビングなど、広い部屋のある家が増えています。このような間取りの部屋は、大型のエアコンを導入しても、それだけでは隅々まで十分に暖めることが難しいです。寒いので、どんどんエアコンの設定温度を上げてしまい、電気代も高くなりがちです。そこで、このように広い間取りのお部屋には、「夢暖望」「暖話室」とエアコンの併用をお勧めしています。使い方のコツを知っていれば、広いお部屋でも寒い思いをせずに、暖かく過ごせます。また暖房の効率が良くなることで、結果的に電気代も安くなります。
ここでは「電気代を下げる使い方」をご紹介していますのでぜひ参考になさって下さい。

置く場所を工夫して暖房の効率を良くする

1、窓際に置いて冷気を遮断する

窓際が他の場所より寒く感じた、という経験はありませんか?窓をぴったりと閉めていたとしても、窓からは常に冷気が侵入しています。そのため、他の場所に比べて窓際は寒い、と感じるのです。「夢暖望」「暖話室」を部屋の真ん中や、窓から遠いところで使用している場合、常に窓から冷気が侵入している状態なので、いつまでたっても窓際は暖かくなりません。
そうすると、ワット数を上げたり、エアコンの併用が必要になり、暖房の効率が悪くなります。
もちろん電気代も高くなります。これは、メゾネットのお部屋で部屋の中に階段がある場合や、廊下と部屋を仕切るドアがない場合にも同じことが言えます。
そんな時は、夢暖望や暖話室を冷気が侵入してくる場所に置いてみて下さい。遠赤外線の光線が冷気を遮断しながら部屋を暖めるので暖房の効率がよくなります。部屋のどこにいても同じ暖かさを感じられるようになります。消費電力も少なくて済むので電気代も安くなります。

窓際において冷気を遮断

2、一人であまり動かない時は、その場所だけを暖める

リビングなど広い部屋に、一人でいる時は、部屋中を同じように暖める必要はありません。
自分のいる場所が暖まっていれば、他の場所が寒くても問題ないのです。ですが、エアコンやファンヒーターなどの空気を暖める暖房器具は部屋中全て暖めるという使い方しかできないので、一人でいる時も、ご家族でいる時も同じように電力を使ってしまいます。対して「夢暖望」「暖話室」は空気を暖めずに、直接人の体を暖めます。人の近くに置いて使えば、少ないワット数でも十分な暖かさを得ることができます。「夢暖望」「暖話室」は、キャスター付きで女性でも簡単に動かせます。 人の動きに合わせて室内を移動させ、体の近くで使用することにより、小さいワット数で効率良く体を暖めることができます。その分電気代も安くなります。

夢暖望880型9kg 暖話室8kg
暖話室 リビング 足元

3、ご家族で過ごす時は真ん中に置いて全方向を暖める

ダイニングでご家族そろってお食事される時や、リビングに集まり、みんなでテレビを見る時は、360度・全方向を同時に暖められる「暖話室」を真ん中に置いてみて下さい。小さいワット数で効率良く家族全員を暖めることができます。また、暖話室は、360度・全方向を均一に暖めますので、暖かい場所の取り合いが起こりません。

暖話室 風景01
暖話室 風景02

タイマーを使いこなして使用時間を減らす

「夢暖望」「暖話室」本体にはタイマーが付いていませんが、オプションでダイヤル式のタイマーを設置することができます。(※タイマーは2,600円です)
毎日の生活リズムがある程度決まっている方の場合、このタイマーを使いこなすことで大幅に電気代を安くできる可能性があります。

ナショナル ダイアルタイマー WH3101

1、就寝時は必要な時間だけ電源を入れる

「就寝してから1時間後に電源を切る」「起床する1時間前に電源を入れる」とタイマーを設定しておけば、寒い思いをすることなく、布団にくるまっていて暖房の必要ない時間は電源が切れている状態になりますので、その分電気代が安くなります。
ただし、赤ちゃんがいて、夜泣きや授乳のため、何度も布団から出なければいけないお母さんには、点けっ放しをお勧めします。

就寝

2、帰宅する時間に合わせて部屋を暖めておく

寒い外から帰って来た時は、まずエアコンを全開にして部屋を暖めるという方も多いと思います。そのようなエアコンの使い方はかなりの電力を使いますので、毎日繰り返していれば、必然的に電気代も高くなります。
そこで、「夢暖望」「暖話室」のタイマーを帰宅する1時間前に電源が入るように設定しておけば、エアコンを使う必要がなくなるのでその分電気代が安くなります。また、すでに暖まった部屋に帰ってくることができます。

厚手のカーテンや、断熱グッズを利用して暖かい空気を外に逃がさない

室内の暖かい温度を外に逃がさないというのも、暖房効率を上げ、電気代を安くすることにつながります。暖房効果を高める商品で、一番におすすめしたいのは、厚手のカーテンです。
特に「遮光カーテン」は生地の気密性が高いので、断熱効果が期待できます。ただし、カーテンの長さが短めだと隙間から暖かい空気が出て行ってしまうので、カーテンの長さは長めにするのがポイントです。
フローリング貼りの部屋の場合、毛足の長い絨毯やラグマットを使用するのもお勧めです。暖かい空気が床に吸収されてしまうのを防ぐと同時に、起きた時や、帰宅した時に、冷たい床で過ごさなくても良くなるという効果もあります。
他にも、ドアの下から暖かい空気が出ていくのを遮断する「すき間風防止クッション」、窓に直接貼り付ける「遮光シート」などでも、暖房効果を高めることができます。

ご連絡先 contact us