遠赤外線パネルヒーター「夢暖望」「暖話室」メーカー直販サイト

0120-97-8511 受付時間9:00~17:00(平日)

安全へのこだわりanzen

こだわり

暖房器具に求められるのは、暖かさだけではありません。安全も兼ね備えてこそ快適な暖房です。
安全と言われているオイルヒーターでも、表面温度が100℃近くにまで達する箇所があるので、触れるとヤケドをする可能性があります。エアコンやファンヒーターは空気を汚すので、アトピーや喘息を悪化させてしまいます。空気の乾燥も避けられないので、まったく健康な方でも風邪をひきやすくなります。

私たちは、これまでの暖房にあったこれらの不備を、欠点ととらえました。そして誰でも安心して使える暖房を創りたいと考えました。そして欠点を克服するために遠赤外線を採用し、徹底的に安全性にこだわって「暖話室」と「夢暖望」を開発しました。

夢暖望 子供
暖話室1000型H
  • 1.表面の平均温度は38℃以下(※1)
  • 2.赤ちゃんの指も入らない4mm幅の安全柵(※2)
  • 3.温度が高くなる部分には植毛加工
  • 4.過熱防止装置、転倒安全装置、過電流保護ヒューズを装備
  • 5.プラグ部分にトラッキング火災防止対策
夢暖望400型H

(※1)部分的に温度が50~55℃になることもあります。

(※2)2010年モデルから、全機種4mm幅の安全柵を採用しています。

表面の平均温度は38℃以下

表面の平均温度が38℃を超えない設計にしています。体温をすこし上回る程度の温度ですから、触れてもヤケドをしません。お子さんが触れても安全です。

安全性テスト:夢暖望880型H 「表面温度測定結果」

この測定器から複数のコードを伸ばして暖房器に接続。
同時に複数個所の温度測定を行うことができます。

表面温度測定
表面
裏面

電源を入れ、ヒーター温度の安定する30分後の暖房器表面温度を測定。
(CH01~CH14までの14箇所)

夢暖望880型H 表面温度測定結果

CH01~CH14の各温度の測定結果。

※880ワット(強)で測定した場合の表面温度です。600ワット(弱)にすれば、表面温度は更に下がります。目の離せない小さなお子様の近くで使用される場合には、ワット数を下げるなどしてお使いください。

温度測定部位 単位 測定時室温
24.7℃
室温
18.0℃換算
CH01(正面上部中央) 51.5 44.8
CH02(正面上部右側) 44.6 37.9
CH03(正面上部左側) 44.2 37.5
CH04(正面右上) 49.4 42.7
CH05(正面左上) 49.4 42.7
CH06(正面左下) 35.3 28.6
CH07(スイッチ部) 45.9 39.2
CH08(正面右下) 35.5 28.8
CH09(キャスター部) 32.5 25.8
CH10(裏面上) 41.8 35.1
CH11(裏面下) 32.1 25.4
CH12(正面下部) 42.1 35.4
CH13(裏面右下) 32.6 25.9
CH14(正面ガード部) 55 48.3
表面平均温度 42.3 35.6
安全性テスト:暖話室1000型H 「表面温度測定結果」
表面
裏面

電源を入れ、ヒーター温度の安定する30分後の暖房器表面温度を測定。
(CH01~CH11までの11箇所)

暖話室1000型H 表面温度測定結果

CH01~CH11の各温度の測定結果。

※1000ワット(強)で測定した場合の表面温度です。1000ワットから250ワットまで段階的にワット数を下げていくことで、表面温度は更に下がります。目の離せない小さなお子様の近くで使用される場合には、ワット数を下げるなどしてお使いください。

※表面平均温度の低さと安全性の高さが解ります。表面の平均温度は、室温や機種、連続通電時間などにより数値が変動します。

温度測定部位 単位 測定時室温
24.7℃
室温
18.0℃換算
CH01(正面天板手前) 50.0 42.7
CH02(正面天板右側) 51.3 44.0
CH03(正面上部左側) 35.4 28.1
CH04(正面右上) 55.5 48.2
CH05(正面左上) 36.9 29.6
CH06(正面左下) 39.5 32.2
CH07(スイッチ部) 49.8 42.5
CH08(正面右下) 40.3 33.0
CH09(キャスター部) 44.2 36.9
CH10(裏面上) 51.7 44.4
CH11(裏面下) 37.1 29.8
表面平均温度 44.7 37.4

赤ちゃんの指でも入らない4mm幅の安全柵

弊社の商品は、4mm幅の安全柵を採用しています。この4mmという幅は、生まれたばかりの新生児の指でも通り抜けない幅です。お子さんがいる家庭でも安心してお使いいただけます。
電気用品安全法上の基準では、11mmと規定されていますが、安全性を高めるために、弊社では独自に柵の幅を狭くしています。

4mm幅の安全柵

温度が高くなる部分には植毛加工

安全柵の植毛加工でヤケドの危険性をさらに低くしています。肉眼では見えませんが、数ミクロンの植毛があることで、柵から皮膚への熱伝導率を低く抑えることができるのです。
この植毛加工については、公的な安全基準では一切触れられていない箇所なので、多くのメーカーでは採用していません。しかし私たちは、安全性を追求するのであれば必要な加工であると考え、「暖話室」「夢暖望」に採用しました。

植毛個所

過熱防止装置、転倒安全装置、過電流保護ヒューズを装備

何らかの原因で本体が異常に発熱した場合、過熱防止装置が状況を察知して自動的に電源を切ります。また、本体を転倒させてしまった場合には、転倒安全装置がはたらいて自動的に電源が切れるので、ペットがいる家庭でも安全です。
万が一、何らかの理由により、一定以上の電流が流れてしまった場合、過電流保護ヒューズが切れることで通電を遮断し、火災の発生を防ぎます。

自動的に電源が切れるので火災を発生させない

ご注意ください!!

夢暖望の前面(柵の部分)を塞ぐような形で布団などが押し付けられた状態のまま使用した場合、暖房器本体の背面部にある過熱防止装置が作動しにくく大変危険です。(発煙・発火等のおそれがあります。) 寝室などでご使用になる場合には、布団から十分に距離をとってご使用下さい。

過熱防止装置(安全装置)

プラグ部分にトラッキング火災防止対策

プラグ部分とコンセントのあいだにホコリがたまり、電流が奔ることで、そこからトラッキング火災と呼ばれる現象が発生することがあります。「暖話室」、「夢暖望」はこのトラッキング火災を防ぐために、プラグの根本部分に絶縁コーティングを施しています。ホコリと電流の接触を阻止して火災を防ぐ仕組みです。

通常、暖房器具は一冬をしのいでいったん役目を終えますから、ホコリが原因の火災については、それほど心配することはありません。しかしお部屋の状態によっては、ホコリがたまってしまうこともあり得ます。弊社では万全を期するため、トラッキング対策を施しました。

トラッキング火災防止対策

出荷前に一台一台安全性テストを行っています。

組立が終わると、全ての製品について検査を行います。
規格通りの製品に仕上がっているかどうかのチェックです。
専用の測定器を使い、絶縁抵抗、絶縁耐圧を測定し、傾けて転倒安全装置が正常に機能しているかなどの項目を確認していきます。

検査1

仕様変更などを行った場合には、仕切られた安全な場所を用意し、連続通電テストを行います。6月中旬から24時間連続通電テストを行い、9月下旬時点までに約2,500時間の連続通電テストを行ないます。
テストでは3台を向かい合わせにした状態で電源を入れていますので、近寄るとかなりの熱さになっています。

検査2

安全性の高い暖房器でも、低温ヤケドにはご注意ください。

低温ヤケドとは、皮膚が40℃~50℃という、比較的低い温度に長時間触れていると起こるヤケドです。50℃程度のものに3分間くらい触れ続けていると、低温ヤケドになる可能性があります。
安全性の高い「夢暖望」や「暖話室」でも、低温ヤケドに対しての危険度は同じです。ご使用に際しては、長い時間直接、暖房器器具に触れないよう、十分な注意をお願いいたします。
特に、小さなお子様やお年寄りなど、ご自分で温度調整の難しい方、皮膚感覚の弱い方、眠気を誘う薬(睡眠薬やかぜ薬など)を服用された方、疲労の激しい方がご使用になる際には、より一層の注意をお願いいたします。

低温ヤケドについて、更に詳しくお知りになりたい方は、国民生活センターが配布している資料をご覧下さい。
(下記リンクをクリックすると、PDFファイルが開きます。)

暖房器具による低温やけど(国民生活センター):PDFファイル

ご連絡先 contact us