遠赤外線パネルヒーター「夢暖望」「暖話室」メーカー直販サイト

0120-97-8511 受付時間9:00~17:00(平日)

他の暖房器との比較hikaku

オイルヒーター、他の暖房器具との比較

夢暖望、暖話室は「遠赤外線パネルヒーター」です。
「遠赤外線パネルヒーター」と「その他の暖房器具」を以下の点で比較しました。

お客様の用途やお部屋の広さによっては、弊社の商品が最適ではないかもしれません。たとえば、下の表にある通り、「速暖性」と「価格」については、他社の商品の方が優れていることがあります。
まずはご自身で、それぞれのメリット・デメリットを見極めてください。その上で私たちの商品を選んでいただけましたら、お客様にとっても私たちにとっても、いちばん良いことだと考えています。

使い勝手 乾燥対策 安全性 電気代 価格 速暖性
赤外線パネルヒーター 暖話室・夢暖望

赤外線パネルヒーター
(暖話室・夢暖望)

二重丸 二重丸 二重丸 丸 三角 バツ
ハロゲンヒーター、カーボンヒーター

ハロゲンヒーター
カーボンヒーター

二重丸 丸 バツ 三角 丸 二重丸
オイルヒーター

オイルヒーター

三角 丸 三角 バツ 丸 バツ
エアコン、ファンヒーター

エアコン
ファンヒーター

なし バツ 三角 丸 三角 丸

安全性の比較

温度

暖房器具で怖いのは、何と言ってもヤケドと火事です。安全と言われているオイルヒーターでさえ、表面の最高温度は100℃近くにまで達します。
ハロゲンヒーターやカーボンヒーターでは、ヒーター部分の温度は500~800℃にまで達します。
紙が燃える温度が300℃以上と言われていますので、ヒーター部分にティッシュペーパーなどが触れてしまった場合、火事が起こる可能性があります。
「夢暖望」「暖話室」は、表面の最高温度が50℃程度までしか上がりません。万が一お子様が触れてしまった場合でも安全です。また、ヒーター部分が300℃以下なので、紙などが触れても燃えることがなく、火事の心配がありません。

表面の平均温度の比較

表面の最も温度の高い部分は、A社85~90℃、B社85~95℃、C社90℃以上、
暖話室・夢暖望は、50~55℃以下です。

※オイルヒーターの表面温度グラフは、各メーカーのホームページの記載より抜粋したデータを元にしています。

※夢暖望・暖話室の表面温度グラフのデータに関しては、こちらのページを参照願います。

ヒーター部分の温度比較

安全柵

ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、パネルヒーターなどには通常ヒーター部分に手が触れないように安全柵が付いています。 しかし、安全柵の幅や素材には厳格な安全基準がないため、各メーカーの判断にゆだねられています。どの暖房器具にしても、安全柵にこだわっているメーカーは少なく、中には大人の指でも簡単にヒーター部分まで入ってしまうほど安全柵の幅が広いものもあります。
弊社の商品は、4mm幅の安全柵を採用しています。この4mmという幅は、生まれたばかりの新生児の指でも通り抜けない幅です。安全柵が高温になる部分には植毛加工を施し、ヤケドの危険性がありません。

安全柵
安全柵の植毛箇所

暖まり方の比較

即暖性

「夢暖望」「暖話室」には、「ハロゲンヒーター」のような速暖性はありません。
冬の寒い時期に帰宅して、とにかく1秒でも早く暖まりたい場合には、最適とは言えません。
しかし「遠赤外線パネルヒーター」には、一度暖まってしまえば、少ないワット数でも温度が下がりにくいという特性があります。 まずはエアコンやファンヒーターで一気にお部屋を暖め、その後、温度が下がりにくい「遠赤外線パネルヒーター」に切り替えていただくと、電気代の面からはもっとも効率的な使用方法となります。

空気の乾燥

「エアコン」や「ファンヒーター」は、温風を出してお部屋を暖めています。そのためお部屋の空気が乾燥してしまい、ノドが痛くなったり、皮膚病を悪化させたりと、健康面での安全が確保できません。
「夢暖望」「暖話室」が放出する遠赤外線は、空気を暖めず、人体や壁や床を直接暖めてくれます。ですから空気を乾燥させず、安心してお使いいただけます。

夢暖望
夢暖望 サーモグラフィ

周囲の空気ではなく、体自体の温度が高くなっている。

エアコン
エアコン サーモグラフィ

空気が暖まり、部屋の上の方と下の方に温度差がある。

電気代の比較

オイルヒーターは、最大で1,000~1,500ワットの電力を使用します。一般的な家庭のコンセントは1,500ワットを上限としていますから、オイルヒーターは制限いっぱいまで利用することもあります。コンセントには通常二つの差込口が付いていますが、空いている方の差込口を使用しないように指示することがあるのはこのためです。
「夢暖望」と「暖話室」は1,000ワット以下の電力しか使用しませんので、ワット数の上限を超えない限り、他の家電製品を同じコンセントでご使用いただいても問題ありません。

また、オイルヒーターは、オイルという液体を暖めるのに時間が掛かり、電力消費量も多くなりますので、電気代が高くなりやすい構造をしています。対して遠赤外線パネルヒーターは、電気をパネルに流すと、そのパネルがすぐに暖まり遠赤外線を放射します。オイルを暖めるといった余計なプロセスがないため、短時間で効率的に電気を熱に変換することができるのです。暖房効率が良い分、電気を少ししか使わなくてもよいので、「夢暖望」「暖話室」はオイルヒーターに比べ、経済的にご使用いただけるのです。

オイルヒーターの暖め方

オイルヒーターの暖め方

暖話室・夢暖望の場合

夢暖望・暖話室の場合

商品価格の比較

安い商品は、やはり値段相応に早く壊れやすいものです。長い目で見るとけっして安い買い物とは言えなくなってしまいます。商品の値段を下げるためには、材料代を安くするか、人件費を低くするか、2つの方法しかありません。そのため、値段を下げるためには、材料費も人件費も安い海外での生産となってしまいます。
しかし海外生産となると、どうしても管理が行き届かずに一定の割合で不良品が発生してしまいます。また、万が一トラブルがあった場合に、工場が海外にあっては素早い対応は難しくなります。
中には、売るだけうったら後は知らんぷりという、ひどい業社もいます。
「夢暖望」と「暖話室」はけっして安くはありません。それは、弊社が国内での自社生産にこだわっているからです。海外に委託すれば価格は下げられますが、品質を妥協することができません。
私たちは自信と責任を持って商品をご提供するために、品質に見合った価格設定を堅持しています。

使い勝手の良さの比較

操作性

最近の暖房には自動温度調整機能やデジタルタイマーなどが付いている場合があります。これらは使いこなせればとても便利な機能ですが、お年よりやお子様には操作が難しい場合があります。
「夢暖望」「暖話室」はスイッチ以外何も付いていません。温度の調節も寒ければスイッチを全部入れる。
熱ければスイッチを減らす。それだけです。 タイマーが必要な場合にはオプションとして付けることができますが、そのタイマーもダイヤルを回すだけの単純な操作しか必要ありません。

移動のしやすさ

家族が家にいる時はお部屋全体を暖めたいけど、一人の時は自分のまわりだけ暖かければよいなど、暖房の使い方はライフスタイルによって変わります。
エアコンやファンヒーターでは一人でも常に部屋全体を暖めるしかありません。
また、オイルヒーターやハロゲンヒーターなどの移動が可能な暖房でも、重量があるものは女性一人だと移動が大変で、結局はいつも同じ場所で使う場合が多いようです。
「夢暖望」「暖話室」は簡単に移動ができるようにキャスターを付けてあります。
重量も4キロ~8キロと軽いので女性でも簡単に動かすことができます。

重量の比較
女性でも楽に持ち運び可能

女性でも楽に持ち運び出来ます。

安全性と心地よさで選ぶなら遠赤外線パネルヒーター

暖房器具それぞれに、メリットとデメリットがあります。ただし、安全と心地よさにこだわって選ぶなら「夢暖望」と「暖話室」が最適です。 私たちは自信と責任を持って、弊社の製品をオススメいたします。

使用例紹介のページも合わせてご覧下さい。

ご連絡先 contact us